毎年、就職シーズンになると、内定が全く取れなくて焦る学生が特集されていたりして、現代の新卒採用の厳しさを物語っています。しかし、どんな厳しい時代でも、就職できる人材は必ずいるのです。どういう人が採用されて、どういう人が企業が必要とされているのかを知れば、現代の新卒採用の傾向や特徴を知ることができます。最近では、どんな有名な大学を卒業していようと、即戦力が重要視されています。ただ学校で成績がトップでも、それが企業に入って仕事にすぐ直結するとは限りません。大事なのは、学生時代に何をしてきたか、ということです。それが企業側にとって、プラスと思うかどうかが、結果的に即戦力になるかどうかにつながっていきます。例えば、語学系の大学に行っているなら、どのくらい語学ができるかによって、会社で使えるかどうかが変わってきます。

最近は、外国人留学生が日本人の学生に代わって即戦力として採用されることが多いです。それは、賃金など各種待遇が安くて済むという理由だけでなく、外国人留学生の方が高い語学力があり、また、母国である外国とのやりとりを円滑に行うためにも便利であるということがあります。ですので、語学系の就職をしたいのなら、学生のうちから海外に留学したり英語コンクールに受賞したりして、ある程度の語学力があること、ワーキングホリデーなどを利用して、海外で少しでも働いた経験があることなどを武器にするだけでも、新卒採用はより円滑に進むようになるでしょう。また、営業系や技術系なら、ボランティアに積極的に参加していたかどうかも、企業側はよく見るところです。営業系ならその人の人格を見ることが多く、人のためにどれだけ頑張って動くことができたか、それによってどのような貢献ができたか、自分自身に足りないものを見つけ、それをどのような形で克服することができたか、などをしっかりと話せる、コミュニケーションの高さも大切です。

そのためには、様々なジャンルの人と接して視野を広げることが大切です。ボランティアはその点では大変有益です。技術系でも、学生時代に研究だけでなく、それをコンテストなどで受賞できたのか、また、実際にインターンなどで自分の能力を試すことができたか、ボランティアなどで自分の技術力を誰かに喜んでもらうことができたか、なども企業側が採用時にチェックするところです。看護師 求人で就職を考えている人が介護ボランティアに参加するなど直接的な就職活動で無くとも積極的に活動し、それが人をつくるという過程において大切な勉強をすることができたのなら、積極的にアピールするべきでしょう。現代の採用では即戦力だけでなく、柔軟な考えのできる人間性のある人物が求められているので、学生の頃からできるだけ社会に出て色々な勉強をしてくることが、結果的に就職時の強みにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*