第二新卒の方が希望されるかたもいらっしゃいますね。大学に通っている時に、就職活動をされた所に内定をもらって、そこで働かれている方が、2、3年で新たな会社へ就職をしたい方は、面接の時に、前の会社を辞めた理由を明確に答えられるようにすることが大事ですね。第二新卒の方も受け入れている会社も多くございますので、自分の本当にやりたい仕事に応募されるといいかと思います。一旦就職をしたからと言って、そこの会社を辞めてはいけないということは、まったくないのです。転職をされる方も多々いらっしゃいます。実際に、面接を受けられてみると気づくかと思いますが、第一新卒と第二新卒で面接を受けた感触も第二の方が難しく感じられたことと思います。これは、会社側としては、フレッシュな人材を確保したいと思っているところが多いのです。

第二新卒として就職活動をやり直そう

新卒で入社した会社が自分のイメージとは違って職場を変えたいという方は少なくありません。ただ、せっかく新卒で入社したのだから我慢しようというのは良いとは思いません。なぜならばチャンスはまだあるからです。それは第二新卒での就職です。これは大学卒業から1年から3年ほどの方を対象に言います。第二新卒を新卒と同じような扱いで求人を出している企業も多いのです。企業としてはこのような方達を雇うメリットは少なくありません。まず、一度就職をしている方が多く、そこで社会人としてのマナーや常識を学んでいるケースが多いからです。そのため新たに社会人マナーを教える必要が無いのです。また、仕事がどのようなものなのかという理解も新卒の方達よりあるので、職場に溶け込みやすいといえるでしょう。もし第二新卒の対象になるという方で職場を変えたいを考えている方は、そのチャンスを生かしてみても良いと思います。

第二新卒として就職を考えるとき

第二新卒が簡単に再就職できなくなってからずいぶん経つように思います。そもそも会社というのは入ってみないと分からないことがほとんどですので、就職して間もなく自分には合わないと考える新入社員がいてもおかしくはないのです。そんな若者に、もう一度新卒として機会を与えようという考えでできた言葉だと思いますが、実際には希望に沿う職種ではなくなってしまったり、環境や待遇が悪くなったりすることも多いのではないでしょうか。再就職を考えるときには、何が一番自分にとって我慢できないことだったかきちんと分析して、必ずその部分だけは納得するような環境を選ぶことが大事だと思います。入ってみないと分からないのが会社ですが、ある程度の時間かけないと何も分からないのも、また会社です。できれば、辞める前に他に方法がないのかを一度考えてから、新しい希望に向かっていけば良い結果が生まれるかもしれません。

ジェイック本社である東京会場は神保町駅より徒歩2分、JR水道橋駅より徒歩13分の場所にございます。就職成功者のインタビュー記事をご覧ください、就職が成功するヒントになるかもしれません!入社後の不安や悩みもサポート、JAIC営業カレッジ卒業生専用のコミュニティサイトもご用意しております。企業の採用を支援することにより、フリーター・既卒・新卒の方へ無料で就職支援のサービスを行っております。第二新卒の方へ贈ります