人事担当者にとって、非常に手間隙のかかる行事といえるのが新卒採用です。採用ルールの改正や少子化、学生の大手志向など就職氷河期と呼ばれた時期からは一転して選ばれる立場となっています。レジュメや採用システムの管理、面接のスケジュール調整、内定者のグリッピング、企業規模によっては採用のサポートをお願いする派遣社員の依頼など多くの工程を割かなければいけません。その業務を軽減する為、また候補者にある程度のフィルターをかける意味でも採用代行が注目されています。最大のメリットは採用担当者の業務軽減です。前述のような採用に関する工程を部分的に代行へお願いする事で面接の回数を減らしたり、一次的な増員を行わずに済んだりというメリットがあります。コンプライアンス遵守も叫ばれる昨今、極端な残業を行わずに済む事も人事と言う立場上、いろんな意味で利点といえます。

新卒採用の代行を手掛けている業者

新卒採用というのは、企業にとって新たな人材の確保を行う上で大変重要な活動となりますが、エントリーの受け付けや面接を通した選考など、採用活動に対して多くの労力が必要となるため、本来の業務において人手不足となってしまう場合があります。そういった場合には、新卒採用の代行を手掛けている業者へ依頼することで、採用活動全般を任せることができるため、本来の業務に専念するためには大変役立ちます。また、業者への依頼によって経験豊富なプロによる選考を実現することができるため、より優秀な人材を採用したい場合にも魅力的なサービスとなります。新卒採用の代行を依頼する際には、様々なプランの中から選ぶことができ、採用活動の一部のみを代行してもらうといったこともできるため、企業の状況に合わせた採用活動を行うことができます。

新卒採用の代行サービスでも明確なビジョンは必要

新卒採用をするにはたくさんの時間と手間と人員が必要となります。しかし小さな会社の場合は日々の業務を休んでそのための活動に充てるだけの社員がいません。しかし今ではその専門の代行サービスをする業者が複数出現をしています。そのサービス会社は書類選考の選別から面接官、そのための会場設置まで様々なことをしてくれます。もちろん商売なのでそのための依頼費用は必要です。ですがそのために会社は採用のための人員を補充しなくて済みます。しかしこのサービスは単に人員と経費を削減するためのサービスではありません。このサービスを利用する場合は明確な採用基準を細かく設定しておき担当者間同士で打ち合わせをしておかないとなりません。そうでないと採用の基準が不明確になってまともな採用活動ができなくなってしまいます。ですがこのサービス屋さんはそのためのノウハウも有しています。もしノウハウがない場合には代行サービス側の意見を取り入れたうえで具体的な基準を決めていくこともできる場合があります。ただ1つこれだけははっきりしておかないとなりません。それはスーパーマンみたいな何でもできそうで何でもイエスというような人物像を求めるなということです。それは余りに高望みすぎな基準となります。